神奈川の三浦半島は一度行く価値があります。

神奈川県を代表する半島は三浦半島ですが、一度は訪れる価値のあるいいところです。北原白秋作詞、梁田貞作曲の「雨はふるふる 城ヶ島の磯に 利休鼠の 雨がふる」で有名な城ヶ島海岸は、この三浦半島の中にある風光明媚なところです。
景色がいいことに加えて、美味しいものがたくさんあるので、家族で旅行するにも最適です。一番有名なのはマグロで、これは生で良し、鮨でよし、焼いてよし、様々な創作料理によしとあって、誰にでも愛される代表的なものです。
その他にも海の幸には豊富で、魚釣りができるところも多く、夏は海水浴でにぎわう海岸がたくさんあります。
食事では、様々な磯料理を楽しめますし、特に地魚をネタにした鮨は絶品です。
少し変わったところでは「はばのり」が素晴らしい味を提供してくれます。磯ノリとワカメを一緒にしたような食感ですが、旨みが多く、白いごはんに鰹節と一緒にして、?油を少したらしたいただくと、お代わりしたくなること間違いありません。